PSVR、販売開始から約4ヶ月で91万5千台を販売!供給不足は4月までに改善予定

引用画像

PlayStation®VR 世界累計実売台数91万5千台 | PlayStation®.Blog

PlayStation®4の魅力を高めゲーム体験をより豊かにするバーチャルリアリティ(VR)システム PlayStation®VRは、2017年2月19日(日)時点で全世界の累計実売台数が91万5千台に達しました。

www.jp.playstation.com

全文を読む

記事によると

PlayStation®4の魅力を高めゲーム体験をより豊かにするバーチャルリアリティ(VR)システム PlayStation®VRは、2017年2月19日(日)時点で全世界の累計実売台数が91万5千台に達しました。

昨年10月の発売以来、PS VRは、その高品質で全く新しいVR体験を世界中のユーザーの皆様から高く評価いただいており、世界累計実売5,340万台以上のPS4を基盤に、VR市場をリードしていくものと確信しております。今後も皆様のご期待にお応えできるよう増産体制の強化に尽力するとともに、引き続きPS VR向けコンテンツの開発を強力にサポートし、プレイステーションならではの革新的なVR体験をお届けしてまいります。

(社長 兼 グローバルCEO アンドリュー・ハウス)

全世界のPS VR用ソフトウェアタイトルおよびコンテンツ数は、2017年2月19日(日)時点で100本を超え、参入の表明をいただいているPS VR向けコンテンツ開発会社は、大手ソフトウェアメーカー様からインディーズ(独立系)開発者様、映画や音楽などのエンタテインメント会社様まで、360社以上に増加しています。また、各社様およびSIEワールドワイド・スタジオ(SIE WWS)では、『エースコンバット7』、『鉄拳7』(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)、『ファイナルファンタジーXV』(株式会社スクウェア・エニックス)、『STEEL COMBAT(スティールコンバット)』(株式会社コロプラ)、『グランツーリスモSPORT』、『FARPOINT』、『V!勇者のくせになまいきだR』(SIE WWS)など幅広いジャンルのゲームタイトルや、VRの特性を生かした新しい映像体験をお楽しみいただけるコンテンツまで、220本以上もの魅力的なコンテンツを開発しており、このうち2017年内に100本以上が発売予定です。

記事によると

・ニューヨークタイムズが「プレイステーションVR(PSVR)」の売り上げなどを報じている

・SIEのグローバル・チーフ・エグゼクティブでもあるアンドリュー・ハウス氏もバーチャルリアリティがマスマーケットにいかに迅速に受け入れられるかについて疑問を抱いていた

ソニーはバーチャルリアリティヘッドセット「PSVR」を製造する際、かなり慎重になっており、社内から製造台数を減らすようにする声もあったという

・そしてハウス氏はあまりに慎重すぎた事が判明。10月に発売されて以来、特に日本でPSVRは在庫不足となった

・ハウス氏はPSVRの販売台数を初めて明らかにした。発売してから約4ヶ月後の2月19日に915,000台のヘッドセットを売り上げたという

ソニーの内部目標は、4月中旬までに100万台のヘッドセットを販売することだった。同社の目標はほぼ確実に上回るだろう

ハウス氏はPSVRの供給は4月までに改善するとしている

・競合相手であるOculus RiftやHTC Viveの販売台数は明らかにされていない。調査会社SuperData Researchによると、Oculus Riftは243,000台、HTC Viveは420,000台が販売されたと予想している

・ハウス氏はPS4所持者の1桁台後半のパーセンテージがPSVRを購入していることについて「非常に幸せ」だと話す

・アナリストたちは新世代のヘッドセットが普及するには、軽く、安価で、ケーブルに阻害されてはならないと考えている

・また、より多くのコンテンツの投資を強化しなくてはならない。多くのVRゲームは今のところ、小型の独立したゲームスタジオの短いコンテンツだ。ヘッドセットが普及するまで多数の大手パブリッシャーは傍観している

例外としてカプコンの人気ホラーシリーズ『バイオハザード7』が1月にリリースされた。本作は完全にバーチャルリアリティで遊ぶことができる。このゲームがリリースされて以来、ユーザーがPSVRで費やす平均時間が倍増しているという


販売目標から考えると、ソニーの想定以上にPSVRが売れてるってことかな

供給不足改善と今後のコンテンツに期待

シェアする