『エンタの神様』の裏話を芸人が暴露!「当時はエンタ以外出演禁止。さらにネタも実は・・・」

引用画像

「エンタの神様」芸人が明かす厳しい掟 他の番組への出演が禁止に – ライブドアニュース

28日の番組で芸人らが「エンタの神様」のウラ話を語った。「エンタの神様」以外の番組出演を禁止する厳しいルールがあった。ですよ。は出演ギャラが1回わずか8000円だったそう

news.livedoor.com

全文を読む

記事によると

・ですよ。は、かつて「あ~い、とぅいまてぇ~ん!」のギャグで「エンタの神様」に出演し一躍人気芸人となった。当時の最高月収は、100万円を超えていたそうだ。

・一方で、ですよ。が悩まされたのは「エンタ縛り」というものだ。これは「エンタの神様」以外の番組出演を禁止する厳しいルールで、番組専属という立場を強いられていたという。番組からの人気で、月40~50本もの営業の依頼が殺到したものの「エンタの神様」の出演ギャラは、一回わずか8千円だったそう。

・芸人ひとりにディレクターと数人の作家がつき、集団でネタを作っていたそうだ。「自分で考えたやつは(採用された)?」との質問に、ですよ。は「出したんですけども、通らなかったです。1回も通らなかったです…」と、人が作ったネタをやっていたと告白していた。

この記事への反応

エンタにしか出てない芸人のネタがつまらない理由はそれか…。ドランクドラゴンとか陣内智則とか色々な番組に出てる芸人は面白いけどね

人が作ったネタをやらされる地獄っぷりは、フランチェンさんがさんざん言ってたので知ってました

うそーん……

まちゃまちゃがこの番組だけ摩邪として出てたのもその関係かな。

・ブラックすぎるやろ。。。。。

シェアする